オーストラリア陸軍、タイガーARHからレーザー誘導ロケットを発射 | FlyTeam ニュース

オーストラリア陸軍、タイガーARHからレーザー誘導ロケットを発射

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:APKWSレーザー誘導ロケット弾を発射するオーストラリア陸軍のタイガーARH(合成)

APKWSレーザー誘導ロケット弾を発射するオーストラリア陸軍のタイガーARH(合成)

オーストラリア陸軍は、BAEシステムズの先進精密破壊ウエポンシステム(APKWS)レーザー誘導ロケットを、タイガー武装偵察ヘリコプター(ARH)から発射する実験に成功しました。BAEシステムズが2015年4月13日に発表しました。

実験は2014年11月にオーストラリア・ノーザンテリトリーの酷暑の悪条件下で、目標までの距離1,500〜4,500メートル、高度200〜1,500フィート、速度130ノット以上で行われました。FZロケットモーターを使用したAPKWSロケット弾は10発発射され、すべてがレーザー照準点の1メートル以内に着弾しました。

APKWSは従来からの無誘導の2.75インチ・ハイドラ・ロケット弾を、セミアクティブ・レーザー誘導の精密兵器に変換する低コストなウエポンシステムです。オーストラリア陸軍ではさらなる試験を継続しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加