空自戦闘機、5月21日に中国機へスクランブル発進 初の空軍爆撃機 | FlyTeam ニュース

空自戦闘機、5月21日に中国機へスクランブル発進 初の空軍爆撃機

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:中国空軍のH-6爆撃機

中国空軍のH-6爆撃機

自衛隊・統合幕僚監部は、中国機が2015年5月21日(木)に沖縄と宮古島間を通過したため、戦闘機を緊急発進させたと発表しました。領空侵犯はありませんでした。

飛行が確認されたのはH-6爆撃機(Tu-16ベアの中国生産型)2機で、沖縄と宮古島の間を通って東シナ海と太平洋を往復しました。

NHKなどによると、これまで中国機で沖縄と宮古島間を通過して太平洋に進出したのは海軍機ばかりで、今回初めて空軍機が飛行した模様です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加