エアバスDSのA400M、パリで展示飛行 初登場のCS300も | FlyTeam ニュース

エアバスDSのA400M、パリで展示飛行 初登場のCS300も

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:Airbus A400M 「EC-406」

Airbus A400M 「EC-406」

  • ニュース画像 2枚目:Bombardier BD-500 C-Series CS300   機体番号(レジ)「C-FFDK」
  • ニュース画像 3枚目:Airbus A350-941  機体番号(レジ)「F-WWCF」
  • ニュース画像 4枚目:Airbus A380-841 機体番号(レジ)「F-WWOW」
  • ニュース画像 5枚目:Boeing 787-9 Dreamliner 機体番号(レジ)「N1020K」
  • ニュース画像 6枚目:フランス空軍のA400M 7号機

フランス・パリ郊外のル・ブールジェ空港で2015年6月15日から6月21日、「パリ・エアショー」が開幕しました。2015年は47カ国、2,260社が出展し、120機が地上展示されています。

このエアショーに華を添えると同時に、航空機メーカーが自社の展示機の機能を最大限に示す展示飛行では、スペインで墜落事故以来、事故後の初飛行として5月に実施されたエアバスDSのフェルナンド・アロンソ社長が搭乗したフライト以来、公開した展示飛行を行い、その性能を再度アピールしています。

このほか、パリエアショーで、ショーデビューを飾ったCS300も低空を飛行し、会場に集まった参加者にその優雅な機体を披露しました。また、A350も展示飛行を行ったほか、ベトナム航空の787-9、A380も展示飛行しました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加