エアバス、アメリカ・モービル工場を開設 「アメリカの航空機メーカー」に | FlyTeam ニュース

エアバス、アメリカ・モービル工場を開設 「アメリカの航空機メーカー」に

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ジェットブルー向けA321を含む2機を組立中

ジェットブルー向けA321を含む2機を組立中

  • ニュース画像 2枚目:エアバス、アメリカ・モービルの最終組立工場の開所式典
  • ニュース画像 3枚目:式典でアメリカ製をアピール 「Made in the USA」
  • ニュース画像 4枚目:エアバス・グループのトム・エンダースCEO、エアバスのファブリス・ブレジエCEOとエアバス首脳陣が顔を揃えた
  • ニュース画像 5枚目:稼動したばかりの工場内には生産機が2機。これから徐々に増加していく
  • ニュース画像 6枚目:エアバスが開発を進めているA320neo

エアバスは2015年9月14日、アラバマ州のモービルダウンタウン空港に隣接し、A320ファミリーの最終組立工場を正式に開設し、その生産開始式を開催しました。この工場ではA319、A320、A321の3機種を製造し、正式な稼動と共に250名のスタッフが勤務を開始しました。

アメリカでの工場開設について、「初めて真のグローバルな航空機メーカーとなり、文字通りアメリカの航空機メーカーでもある」とエアバスのファブリス・ブレジエCEOは述べています。また、アメリカ工場の開設で、アメリカの顧客、サプライヤーにより近づく事ができ、グローバルで生産能力を高める事ができるとしています。

モービル工場は2012年に計画が発表され、2013年に着工していました。この工場で最初に組立てる機体はジェットブルー向けのA321で、2016年春の引き渡しが予定されています。生産規模は、2018年までに年間40機から50機を見込んでいます。

なお、エアバスの最終組立工場は、ドイツのハンブルク、中国の天津、フランスのトゥールーズとあわせ、これで4箇所目となります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加