クウェート、ユーロファイター・タイフーン28機を導入 | FlyTeam ニュース

クウェート、ユーロファイター・タイフーン28機を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:クウェート空軍マーキングのタイフーン

クウェート空軍マーキングのタイフーン

イタリアとクウェート政府は、ユーロファイター・タイフーン戦闘機28機の販売契約に関して合意に達しました。ユーロファイター・コンソーシアムは、2015年9月11日、クウェートがユーロファイター・コミュニティの新メンバーになることを歓迎するリリースを発表しました。

ユーロファイター・タイフーンの受注は、2012年にオマーンからの12機以来で、ユーロファイターのアルベルト・グティエレスCEOは「競合他機種と比べてユーロファイターが優れていることが改めて証明された。すでに6カ国で運用されている実績がある」と話しています。

クウェートはF/A-18CD 39機の後継機を選定していました。既存機と同系列のボーイングF/A-18E/Fスーパーホーネットが有力とみられ、ボーイングも同機の生産を延長するため、懸命のセールス活動を展開しました。

中東諸国はイランやISILの脅威にさらされ、軍備増強に関心が高まっています。サウジアラビアとオマーンはユーロファイター・タイフーン、カタールとエジプトがダッソー・ラファールを選定・導入しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加