エミレーツ航空、10月からドバイ/アルジェ線に777-300を投入 | FlyTeam ニュース

エミレーツ航空、10月からドバイ/アルジェ線に777-300を投入

エミレーツ航空は2015年10月1日から、ドバイ/アルジェ線の機材を変更します。現在はA340-300を使用していますが、新たに777-300を投入します。

エミレーツ航空は、西アフリカへの路線に3クラス制の777-300ERを投入し、客室の快適な機材でサービスの向上を図ります。シートはファースト12席、ビジネス42席で現行機と変わらず、エコノミーは310席で、現在の機材から97席の増加となります。これにより、エコノミーは45パーセント増で輸送客数の増加に対応します。

また、ベリースペースも増加し、20トンを輸送できます。エミレーツ・スカイカーゴは、石油・ガス産業向けの製品、医薬品、エレクトロニクス、自動車、アパレルなどをアルジェへ輸入し、果物や日用品を輸出します。

運航スケジュールは、ドバイ発EK757便は日、水、木、金、土で8時45分、アルジェ発EK758便は15時45分で変更ありません。

なお、エミレーツは2013年3月1日にこの路線を開設し、3年間で272,000人超を輸送、貨物も12,500トンを搭載しています。詳しいスケジュールはエミレーツ航空のウェブサイト、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2015/10/01から
メニューを開く