エールフランス、ハバナとフォールドフランスに34往復のチャーター便

エールフランス、ハバナとフォールドフランスに34往復のチャーター便

エールフランス-KLMとMSCクルーズは、パリ・シャルル・ド・ゴール発着でハバナ(キューバ)、フォールドフランス(マルティニーク)でそれぞれ17往復、計34往復のチャーター便を運航する契約を交わしました。運航は2015年12月12日から2015年4月12日までで、期間中9,928席を提供します。

このうちハバナ線はビジネス30席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー224席、計275席のA340を使用します。また、フォールドフランス線はビジネス35席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー250席、計309席の777を使用します。

MSCクルーズは、西インド諸島で2大拠点のハバナ、フォールドフランスを発着するクルーズを利用する旅客向けに、エールフランスと協力ができることを歓迎しています。また、ヨーロッパのクルーズ会社として初めて、キューバ拠点のクルーズを提供でき、さらにエールフランスとチャーター便で提携し、歓迎しています。

メニューを開く