アメリカ海軍の先進対電波源誘導ミサイル | FlyTeam ニュース

アメリカ海軍の先進対電波源誘導ミサイル

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:F/A-18Fから発射されるAARGM

F/A-18Fから発射されるAARGM

  • ニュース画像 2枚目:海上の標的を直撃するAARGM
  • ニュース画像 3枚目:地上の標的を直撃するAARGM

アメリカ海軍航空システム軍団(NAVAIR)は、2015年8月にF/A-18FからBlock 1 先進対電波源誘導ミサイル(AARGM : Advanced Anti-Radiation Guided Missile)の発射実験を行った際の画像をリリースしました。

実験はカリフォルニア州のポイントマグー海上試験場で行われ、9月にはAARGMの地上防空ユニットに対する有効性を実証する第1段階の統合試験が完了しました。秋には第2段階の試験を開始する予定です。

AARGMは、AGM-88 HARMの最新型AGM-88Eで、敵の防空レーダーの電波をたどって破壊するミサイルです。電波の放射を止められても誘導を継続するようGPSと慣性誘導装置が併用され、AARGMではさらにミリメートル波/赤外線画像シーカーも追加されるなどしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加