徳島空港、JACの徳島/福岡線でQ400導入を歓迎 見送りイベント開催

徳島空港、JACの徳島/福岡線でQ400導入を歓迎 見送りイベント開催

日本エアコミューター(JAC)は2015年10月25日、徳島/福岡線で36席のサーブ340Bを74席のDHC-8-400(Q400)に機材を大型機しました。徳島空港ではこれを記念し、福岡線のQ400導入を記念する歓迎と見送りイベントを開催しました。

イベントには徳島県で公募、招待したもので、Q400に触ったり家族で記念写真を撮影するなど、新機材の導入を祝いました。徳島空港でのQ400は、全日空(ANA)が徳島/名古屋(セントレア)線で運航していた以来で、2011年1月以来の4年9カ月ぶりとなりました。

この初便には「JA849C」が使用されました。なお、イベントには徳島県のマスコットキャラクター「すだちくん」のパイロットバージョン「Airすだちくん」も参加し、新機材を歓迎しました。

メニューを開く