イギリス政府専用機、空軍のボイジャー空中給油・輸送機を改装 | FlyTeam ニュース

イギリス政府専用機、空軍のボイジャー空中給油・輸送機を改装

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:イギリス空軍のボイジャーとC-130ハーキュリーズ

イギリス空軍のボイジャーとC-130ハーキュリーズ

イギリス政府は、2015年11月19日、高価な政府専用機の導入を断念し、空軍のボイジャー空中給油・輸送機(A330 MRTT)をVVIP(very very important person)機に改装することを決定しました。Reutersが報じています。

これまでイギリスの首相など政府高官や王族は、短距離の場合は空軍のBAe146などを使用し、長距離の場合は民間機をチャーターしていました。しかし、セキュリティーや通信などの面で問題があり、ブレア首相の時代には専用機の導入が前向きに検討されました。これはコストがかかりすぎることから「Blair Force One」などと呼ばれメディアから叩かれました。

そこで、デビッド・キャメロン政権は、空軍のボイジャーの1機を、約1,000万ポンド(18.8億円)かけて改装することにしました。キャビンはフルフラットになるビジネスクラス約58席を含む約158席の仕様となりますが、外装は予算削減のため空軍のグレーのままになりそうです。

とはいうものの、イギリスの首脳が来日する際には空軍のVC-10などが使われていた経緯がありますので、驚くべき事態ではありません。A330 MRTTのマルチロールのひとつにVVIP輸送も加えられそうです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加