セントレア、伊勢志摩サミット会期中はスカイデッキを閉鎖 警備強化で | FlyTeam ニュース

セントレア、伊勢志摩サミット会期中はスカイデッキを閉鎖 警備強化で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

中部国際空港(セントレア)は、2016年5月26日(木)と5月27日(金)の2日間、三重県で開催される「伊勢志摩サミット」に伴い空港の警備を強化するとを発表していますが、2016年4月28日(土)、警備強化による具体的な規制内容について詳細が発表されました。

サミット開催前日の5月25日(水)から会期終了翌日の5月28日(土)までの期間、旅客ターミナルビルのすべての入館者を対象に、警備員による入館チェックが実施されます。搭乗券や身分証による本人確認が実施されるほか、手荷物検査なども実施される予定です。

また、5月25日(水)から5月28日(土)は、セントレアの展望デッキ「スカイデッキ」が閉鎖され、立ち入ることができません。飛行機が見える丘、セントレアガーデンは5月11日(水)から5月29日(日)まで閉鎖されます。

このほか、セントレア周辺の道路では5月25日(水)からの5月28日(土)までの期間、大規模な交通規制と検問が予定されています。この規制は、セントレアからサミット会場までの高速道路や名古屋市内などで予定されており、空港を利用するすべての車両は「りんくうIC」で一旦流出となり検問が実施されます。

規制内容の詳細など、詳しくはセントレアまたは愛知県警察のウェブサイトを参照ください。

期日: 2016/05/11 〜 2016/05/28
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加