ボーイング、2016年はターキッシュ・エアラインズに26機納入へ | FlyTeam ニュース

ボーイング、2016年はターキッシュ・エアラインズに26機納入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ターキッシュ・エアラインズの737-800と777-300ER

ターキッシュ・エアラインズの737-800と777-300ER

ボーイングは2016年4月29日(金)、ターキッシュ・エアラインズに2016年は26機と記録的な機数を納入すると発表しました。機種別で737-800が20機、777-300ERが6機です。

ターキッシュ・エアラインズは、長距離、短距離機材で成長に不可欠な機材で、この26機の納入で国内線から国際線まで、ネットワークを拡大するとしています。 737は特に投資市場でも最も好ましい単通路機として位置づけられ、737 Next-Generationは7,000機超の受注を獲得している機材です。

ターキッシュ・エアラインズはDC-3、C-47を導入した1945年から現在のボーイングとの関係を築いており、1960年代にはDC-9、DC-10、707でジェット機を導入し、さらに727、757、MD-80を経て、そして737と777を主力機として運航しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加