イスラエルのCALカーゴ・エアラインズ、747-400貨物機3機体制に | FlyTeam ニュース

イスラエルのCALカーゴ・エアラインズ、747-400貨物機3機体制に

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

イスラエルの貨物航空会社、CALカーゴ・エアラインズは新たな747を導入しました。これは機体記号(レジ)「4X-ICC」の747-400BCFで、同社は747-400貨物機を3機体制で運航します。

CALは貨物機3機で、ベルギーのリエージュ空港のハブ空港から定期便、チャーター便を増加させ、成長戦略を進めていきます。同社は2014年初めまで747-200貨物機を運航していましたが、2014年から導入を進めた機材で、747-400のERF、F、BCFの3種類の貨物機で運航しています。

CALは2015年、アトランタに新たな拠点を設け、アメリカの輸送力を強化しており、3機体制で運航します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加