空自千歳基地の第2航空団、レッドフラッグ・アラスカ撤収時の飛行に参加 | FlyTeam ニュース

空自千歳基地の第2航空団、レッドフラッグ・アラスカ撤収時の飛行に参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

航空自衛隊千歳基地は、2016年6月3日(金)から6月18日(土)までの期間、アラスカ州のイールソン空軍基地、エレメンドルフ・リチャードソン統合基地とその周辺空域で実施されているアメリカ空軍主催の演習「レッドフラッグ・アラスカ2016」の撤収に関わる飛行を実施すると発表しました。基地の立地自治体である千歳市が発表しました。

航空自衛隊は、5月24日(火)から6月24日(金)までの期間、レッドフラッグ・アラスカに関連した日米共同訓練を実施しており、千歳基地の第2航空団は6月19日(日)から6月21日(火)まで撤収時の飛行を行います。

6月19日(日)は午後に離着陸が実施されるほか、6月20日(月)と6月21日(火)は早朝に飛行が実施されます。参加機種はC-130HとUH-60Jの2機種です。

詳しくは、千歳市のウェブサイトを参照ください、

■レッドフラッグ・アラスカに関わる飛行予定
<6月19日(日)>
C-130H×2機 15時~15時10分 着陸予定
UH-60J×1機 13時30分 離陸予定

<6月20日(月)>
C-130H×1機  6時40分 離陸予定

<6月21日(火)>
C-130H×1機  6時40分 離陸予定

期日: 2016/06/19 〜 2016/06/21
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加