墜落したエジプト航空のA320、CVRを回収 一部破損も解析可能 | FlyTeam ニュース

墜落したエジプト航空のA320、CVRを回収 一部破損も解析可能

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

パリ発カイロ着MS804便のA320-200、機体記号(レジ)「SU-GCC」が2016年5月19日、地中海に墜落、機体の一部が見つかった件で、このコクピットボイスレコーダー(CVR)が発見されました。ロイターなどが伝えています。

このCVRは一部破損しているとたものの、音声を記録したメモリー部分を取り出し、解析が可能としています。このCVR解析はエジプト、アレキサンドリアで行われます。

なお、事故原因の解析で重要なフライトデータレコーダー (FDR)については、まだ見つかっていない模様で、引き続きこの回収をめざし、各国が捜索協力しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加