ボンバルディア、SWISS向けCシリーズ営業初号機で初飛行 | FlyTeam ニュース

ボンバルディア、SWISS向けCシリーズ営業初号機で初飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:スイスインターナショナルエアラインズのCシリーズ

スイスインターナショナルエアラインズのCシリーズ

ボンバルディアは2016年6月16日(木)、スイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)に納入するCシリーズの営業初号機で初飛行しました。同社のTwitterなどで、その離陸する様子を紹介しています。ボンバルディアは6月下旬にSWISSにこの機材を引き渡しする予定で、機体記号(レジ)「HB-JBA」で登録される予定です。

ボンバルディアは6月15日(水)にヨーロッパ航空安全局(EASA)とアメリカ連邦航空局(FAA)からCS100の型式証明を取得したと発表しており、ヨーロッパでの営業飛行の準備も整えられています。

SWISSは、2016年7月15日(土)のチューリッヒ発、パリ・シャルル・ド・ゴール着のLX638便でCシリーズの営業運航を開始する予定です。このパリ線に加え、マンチェスター、プラハ、ブタペスト線にCシリーズを投入するほか、8月末までにワルシャワ、ブリュッセル線、9月にはニース、シュトゥットガルト、ハノーファー、ミラノ、フィレンツェ、ブカレスト線へ投入する計画です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加