羽田の国際線発着枠拡大、生産額増加は約6,500億円 雇用は約5万人増 | FlyTeam ニュース

羽田の国際線発着枠拡大、生産額増加は約6,500億円 雇用は約5万人増

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省は2016年6月17日(金)、羽田空港の国際線発着枠を2020年までに年3.9万回拡大した場合、その経済波及効果を試算、発表しました。年間の経済波及効果で生産額の増加は約6,500億円、税収の増加は約530億円、雇用の増加は約5万人としています。

試算は、羽田の国際線発着枠が年3.9万回拡大した場合、増枠に伴う旅客数の増加による生産額増加、税収増加、雇用増加の項目から、直接効果と波及効果を計測しています。国際線旅客数の増加数は、外国人旅客が年294万人、日本人旅客が年411万人、計705万人が増加するとしています。

このうち、直接効果は、旅客増加で観光、空港関連産業の生産額の増加を算出しており、訪日外国人の宿泊や土産物購入など消費の増加分、出国日本人の旅行準備による前後の消費額、全国の各空港内におけるグランドハンドリング、警備・清掃業者等の売上の増加分、本邦航空会社の航空券の売上の増加分、全国の各空港までのアクセスのうち鉄道事業者の売上の増加分を表しています。

また、波及効果は産業連関表を用いた、直接効果により誘発される生産額などの増加を計測しています。

生産額の増加は、東京、埼玉、千葉、神奈川の1 都 3 県で直接効果が年2,399億円、波及効果が年2,412億円、合計で年4,811億円となります。全国では直接効果が年2,842億円、波及効果が年3,661億円、合計で年6,503億円と算出されています。

この直接効果の内訳は、訪日外国人の旅行消費が1,260億円、出国日本人の旅行前後の消費が265億円、空港関連産業の売上が160億円、航空券の売上が1,055億円、交通アクセス消費が102億円です。これによる税収増加は、国税306億円、都道府県税が92億円、市町村税が133億円、合計532億円と見込まれています。

詳しくは国土交通省のホームページを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加