A380、2011年のデリバリー機数は26機-2010年の18機からペース上がる | FlyTeam ニュース

A380、2011年のデリバリー機数は26機-2010年の18機からペース上がる

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

A380型のデリバリーが徐々にペースが上がって来ています。2011年のデリバリー機数は26機で1ヶ月に2.2機となり、2010年の18機、1ヶ月に1.5機のデリバリーのペースを上回っています。

2011年にA380型を導入した会社は大韓航空と中国南方航空のアジアの2社。すでに導入しているシンガポール航空、エミレーツ航空、カンタス航空、エールフランス航空、ルフトハンザドイツ航空に続き、7社がA380型を運航しています。

2012年には現在、最終組立が行われているタイ国際航空、マレーシア航空と引き続きアジアの航空会社にデリバリーされる予定です。

また、2012年はエミレーツがA380型で成田就航を決め、成田にはシンガポール航空、ルフトハンザドイツ航空、エールフランス航空、大韓航空に続き5社目の就航。長距離路線で投入する機材ではあるものの、近くタイ国際航空、マレーシア航空も日本への就航が期待されるところ。この実現は低いかもしれませんが、アジアの空にA380型が増え、海外でお目にかかる、また乗るチャンスが増えそうです。

会社名 機数
エールフランス 2
中国南方航空 2
シンガポール航空 3
ルフトハンザドイツ航空 4
エミレーツ航空 5
大韓航空 5
カンタス航空 5
期日: 2011/01/01 〜 2011/12/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加