オランダ国防省、NATO加盟国で共同運用するA330 MRTTを発注へ | FlyTeam ニュース

オランダ国防省、NATO加盟国で共同運用するA330 MRTTを発注へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:A330 MRTT、F-35への空中給油

A330 MRTT、F-35への空中給油

エアバス・ディフェンス・アンド・スペースは2016年7月27日(水)、オランダ国防省が同国議会に対し、A330 MRTTマルチロール輸送機(A330 MRTT)の取得をルクセンブルクと共に契約を行うと通知したことを受け、これを歓迎しています。契約は、2機の確定発注と6機のオプション権で構成しており、オランダとルクセンブルク以外の国もこの契約に加わる可能性があります。

エアバスD&Sでは契約に、2年間の初期サポート契約が含まれていると明らかにしています。エアバスD&Sはヨーロッパ防衛機関などと今後数週間にわたり、契約の詳細を詰め、最終的な契約締結に向け、協議を進めるとしています。

この共同発注は、北大西洋条約機構(NATO)に加盟するヨーロッパ諸国が関わるもので、多国籍MRTTフリート(MMG)イニシアチブとして、オランダを中心にベルギー、ドイツ、ノルウェー、ポーランドなどが参画、検討が進められています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加