海南航空、2016年12月から北京/ラスベガス線に就航へ 週3便 | FlyTeam ニュース

海南航空、2016年12月から北京/ラスベガス線に就航へ 週3便

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:海南航空の787-9

海南航空の787-9

海南航空は2016年12月2日(金)から、北京/ラスベガス線に就航します。マッカラン国際空港が8月4日(木)、 海南航空、ラスベガス観光局と共に発表しました。この路線はラスベガスと中国を結ぶ初の定期便となります。

海南航空は2016年6月、同社初の787-9を受領した際に9月からラスベガス線に投入すると発表していますが、就航時期はこの計画から遅れたものです。運航は週3便で、同社が2015年に中国民用航空局に申請したものと同様です。

現在、ラスベガス・マッカラン国際空港発着のアジア路線は大韓航空が運航する仁川/ラスベガス線のみで、海南航空の就航で中国では初めて、アジア路線は2路線目となります。

なお、詳しいスケジュールは海南航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加