Vエア、9月末で運航停止 親会社のトランスアジア航空と合併 | FlyTeam ニュース

Vエア、9月末で運航停止 親会社のトランスアジア航空と合併

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

台湾の格安航空会社(LCC)、Vエアは2016年8月9日(火)、2016年10月1日(土)で運航を全面停止すると発表しました。9月30日(金)まで運航した後、親会社のトランスアジア航空と合併します。Vエアは、9月30日までは、一部で欠航を決めた便を除き、予定通りに運航します。

運航停止予定日の10月1日以降のフライトをすでに購入している旅客には、路線によってトランスアジア航空が運航する便、または全額払い戻しの対応となります。代替便が運航していない場合は、全額払い戻しされます。

このうち、関西、那覇発着の台北線は、予約済み旅客は優先的にトランスアジア航空の指定便に変更します。また、福岡、チェンマイ発着の台北線は、トランスアジア航空が8月末までに新たな運航を申請し、予約済み旅客にも対応します。釜山、名古屋、バンコク発着の台北線は、全額払い戻しのみの対応となります。

なお、詳しくはVエアのホームページを参照ください。

期日: 2016/09/30まで
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加