ANA、シンガポール行き787でコクピット窓ガラスに亀裂 那覇にダイバート | FlyTeam ニュース

ANA、シンガポール行き787でコクピット窓ガラスに亀裂 那覇にダイバート

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

2016年8月28日(日)、全日空(ANA)の羽田発シンガポール行きNH843便で、飛行中にコクピットの窓ガラスにびびが入るトラブルがありました。機体は那覇空港に目的地を変更して着陸し、乗客、乗員にけがはありませんでした。

トラブルがあったのはNH843便として運航されていたANAの787-8、機体番号(レジ)「JA874A」です。同機はANAが2015年11月に受領した機材で、ひびは機長席の正面の窓ガラスに入りました。

なお、FlightRadar24などで表示されている航跡では、0時20分過ぎに羽田空港を離陸した「JA874A」は石垣島上空を通過した地点から降下を開始し、4時過ぎに那覇空港へ着陸しています。

ANAは今後、ひびが入った原因を調査するとしています。

期日: 2016/08/28
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加