ニューギニア航空、12月3日からミクロネシア連邦へ定期便を運航 | FlyTeam ニュース

ニューギニア航空、12月3日からミクロネシア連邦へ定期便を運航

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:ミクロネシア連邦へのチャーター便

ミクロネシア連邦へのチャーター便

ニューギニア航空は2016年9月1日(木)、ミクロネシア連邦へチャーター便を運航、あわせて12月3日(土)から定期便を就航すると発表しました。

チャーター便は、太平洋首脳会議にあわせて運航されたもので、ポートモレスビー、チューク、ポンペイ、ポートモレスビーの経路で運航されました。ポートモレスビー/チューク間は2時間40分、チューク/ポンペイ間は1時間で飛行しました。チャーター便は9月7日(水)、9月10日(土)にも運航されます。

定期便となる12月からは、水、土の週2便で、ポートモレスビー、チューク、ポンペイ、ポートモレスビーの経路で運航します。チューク/ポンペイ間はカボタージュが認められ、ミクロネシア連邦内での輸送を行うことができます。機材はフォッカー70です。

なお、詳しいスケジュールはニューギニア航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2016/12/03から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加