ANAとベトナム航空、10月30日からコードシェア、マイル提携を実施 | FlyTeam ニュース

ANAとベトナム航空、10月30日からコードシェア、マイル提携を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ベトナム航空ロゴ

ベトナム航空ロゴ

ANAグループは、2016年10月30日(日)の2016/17冬スケジュールから、ベトナム航空とコードシェア、マイレージ・プログラム提携、ベトナム航空客室乗務員によるサービス補助員としてのANA便乗務を開始します。両社は2016年5月に業務・資本提携を締結し、ANAは7月1日付けでベトナム航空株式の約8.8%を取得しています。

コードシェアは、日本/ベトナム間の国際線10路線の運航便、日本とベトナム双方で両社が運航する主要な国内線25路線の運航便で相互に「NH」と「VN」便名を付与します。これにより、両社はANAが増便する成田/ホーチミン線とあわせ、利便性を向上します。

また、マイレージ・プログラム提携では、ANAマイレージクラブ(AMC)会員は、ベトナム航空とコードシェア便でマイル積算ができるほか、マイレージ特典航空券でベトナム航空の全運航便の利用が可能になります。

ベトナム航空の客室乗務員がANA便で乗務する取り組みは、特定便で実施し、ベトナム語で旅客への案内、通訳、機内アナウンス実施と、サービス補助員としてANA便へ乗務します。これにより、国内外の旅客へ向けた機内サービスの向上をめざします。

その他の業務提携は、8月1日から羽田空港でベトナム航空便の空港業務受託し、その他も成田、羽田でのケータリング受託、ホーチミン空港でベトナム航空子会社へANA便の空港業務委託など、順次実施しています。

なお、ベトナム航空は現在、成田発着でホーチミン、ハノイ、ダナン線を就航しているほか、関西、名古屋(セントレア)、福岡発着でホーチミン、ハノイ線をそれぞれ運航しており、いずれもANAとコードシェアを実施します。

詳しいスケジュールはANA、またはベトナム航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2016/10/30から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加