成田空港、津波防災の日にあわせ11月4日に秋の防災訓練を実施

成田空港、津波防災の日にあわせ11月4日に秋の防災訓練を実施

成田空港は2016年11月4日(金)、緊急地震速報訓練を実施します。これは、気象庁の緊急地震速報を受信し、非常放送設備から緊急地震速報を館内に放送し、成田国際空港(NAA)が設置管理する緊急地震速報受信端末や放送設備の動作を確認します。

放送範囲は、第1、第2、第3の各旅客ターミナル、貨物地区、NAA本社ビルなどです。10時頃に実施しますが、空港利用者や空港スタッフの避難などは行いません。

また、同日10時から11時に、成田空港に航空機燃料を供給しているパイプラインの供給元である千葉港頭石油ターミナルでも、津波避難訓練を実施します。この訓練は、緊急地震速報を場内に放送し、一次避難場所の屋外に集合した後に安否確認を実施します。その後、大津波警報発令を想定した放送を行い、高所の二次避難場所である事務棟3階、または屋上に移動し、安否確認を実施します。

参加者は、千葉西警察署、成田国際空港警備隊、昭和日タンマリンサービス、成田空港警備、日本空港給油、成田空港給油施設、NAAファシリティーズ、成田国際空港などの約40名です。

期日: 2016/11/04
メニューを開く