ジェットアビエーション、BBJ 777-300ERの改修着手を発表 政府専用機か

ジェットアビエーション、BBJ 777-300ERの改修着手を発表 政府専用機か

ニュース画像 1枚目:ジェットアビエーション・バーゼルの施設、画像の機材は787
ジェットアビエーション・バーゼルの施設、画像の機材は787

ジェットアビエーションは2016年11月1日(火)、777-300ERのビジネスジェット改修を受託している2機のうち1機を受領したと発表しました。顧客はアジア地域の政府としており、すでに伝えられている通り、日本の新たな政府専用機のことを指しているとみられます。この機体は10月中旬にジェットアビエーションのバーゼルの施設に到着しました。

ジェットアビエーションは、BBJ 777 VVIPの改修はこれが初めてです。この777-300ERは客室が338平方メートル、航続距離は17,075キロメートルです。

ボーイング・ビジネスジェットは、ジェットアビエーションの品質はボーイングのそれに匹敵するものとし、ワイドボディ機でこれまで同社の美しいデザインと職人技の融合は実証されており、最先端で優れたワイドボディを提供しているとコメントしています。

なお、政府専用機の2機目となる777-300ERは製造が進められており、今後はボーイング・ビジネスジェットの「N511BJ」として登録され、客室改修が行われる予定です。

この記事に関連するニュース
メニューを開く