ピーチ、A320neoを10機発注 2019年から導入へ A320ceoも3機発注 | FlyTeam ニュース

ピーチ、A320neoを10機発注 2019年から導入へ A320ceoも3機発注

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ピーチ、A320neo イメージ

ピーチ、A320neo イメージ

格安航空会社(LCC)で、関西、那覇を拠点とするピーチ・アビエーションは2016年11月18日(金)、東京でエアバスとA320neoを10機、A320ceo(現行機)3機、計13機を購入する契約を締結しました。日本の航空会社では全日空(ANA)がA320neoを発注していますが、本邦LCCのA320neo発注は初めてとなります。

ピーチはA320neo初号機は2019年夏までに受領する予定で、既存の機材更新に加え、事業拡大にともなう新規導入機として、路線拡大や増便に使用します。A320neo は、新型エンジンと主翼翼端のシャークレットなどで従来機と比べ、燃費の向上、CO2排出量の削減につながる環境性能が優れた機材です。

ピーチは今回の発注でA320ceoは2018年度中に受領、A320neoは2019年度第1四半期に初号機を受領し、2年間で10機を導入し、保有する現行機の更新と機数拡大を進めます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加