ロシア空軍「ロシアン・ナイツ」、Su-30SMを8機受領 訓練を開始 | FlyTeam ニュース

ロシア空軍「ロシアン・ナイツ」、Su-30SMを8機受領 訓練を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:「ロシアン・ナイツ」 Su-30SM

「ロシアン・ナイツ」 Su-30SM

  • ニュース画像 2枚目:10月、クベンカ空軍基地に到着した際の様子
  • ニュース画像 3枚目:11月にさらに4機が納入

ロシアのユナイテッド・エアクラフト(UAC)傘下のイルクートは2016年12月1日(木)、ロシア空軍のアクロバット・チーム「ロシアン・ナイツ」向けSu-30SMを4機、納入したと発表しました。イルクートは10月14日に4機を納入しており、11月30日(水)に「ロシアン・ナイツ」の本拠、クベンカ空軍基地に到着し、計8機の納入が完了しました。

製造されたイルクートからモスクワのクベンカ空軍基地までフェリーされました。このフェリー中はノボシビルスク、チェリャビンスクと2カ所を経由し、7,500キロメートルを移動しました。

「ロシアン・ナイツ」は現在のSu-27に加え、12月1日からSu-30SMと2機種での訓練を開始しました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加