GEアビエーション、ANAにフライト・アナリティクス提供 日本市場で初 | FlyTeam ニュース

GEアビエーション、ANAにフライト・アナリティクス提供 日本市場で初

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ANA機 イメージ

ANA機 イメージ

GEアビエーションは2016年12月8日(木)、全日空(ANA)とフライト・アナリティクス契約を締結したと発表しました。「フライト・アナリティクス」は、飛行データの分析に基づき、燃費効率を向上できるソリューションで、GEアビエーションがデジタルの航空業界向けソリューションを日本市場に導入するのは今回が初めての事例です。

ANAは、国際線、国内線合わせて、毎日1,000便以上を運航し、年間の燃料関連費は2015年度実績で約3,000億円となっています。「フライト・アナリティクス」のソリューション導入で、年間で1%程度の削減を目ざします。

燃費削減に加え、「フライト・アナリティクス」の飛行データ解析を通じ、離陸や着陸時、飛行中の燃料消費状況を正確に把握でき、パイロットに対して効率的な運航のサポートができます。また、最適な燃料搭載量などをデータ化し、運用面の柔軟性を高めることが可能になります。

GEアビエーションは、世界の航空会社100社超、1万機の航空機向けに、フライトや燃料データの分析、ナビゲーションサービス、航空会社の運航管理のほか、プランニングやリカバリーなどのデジタル・ソリューションを導入しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加