ANA、日本初のA320neo「JA211A」を受領 12月17日に日本到着 | FlyTeam ニュース

ANA、日本初のA320neo「JA211A」を受領 12月17日に日本到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ハンブルクで飛行するANA塗装のA320neo

ハンブルクで飛行するANA塗装のA320neo

全日空(ANA)は2016年12月15日(木)、ドイツ・ハンブルクでA320neo(New Engine Option)を日本の航空会社として初めて受領したと発表しました。

これは機体記号(レジ)「JA211A」として登録される機体で、12月17日(土)に日本へ到着し、1月中旬から中国路線など近距離国際線に投入される予定です。なお、ANAでは受領後から1月中旬までは、不定期に国内線に投入する可能性があるとしています。

ANAのA320neoは、ビジネス8席、エコノミー138席の国際線仕様機です。ビジネスには電動リクライニングシートを採用し、エコノミーを含む全席にタッチパネル式パーソナルモニターを完備し、機内インターネットサービス「ANA Wi-Fiサービス」も装備し、中型、大型機なみの機内設備を備えています。

A320neoは、従来のA320ceoに比べて燃費効率が15%改善され、およそ7%長い航続性能があり、小型機では広い機内空間、貨物搭載能力を有する機材です。すでに世界では14社が運航していますが、日本ではANAが初めて受領したものです。

ANAホールディングスは2014年3月、国際線の成長原資として7機のA320neoの発注しており、この7機は2018年度にかけて受領します。ANAはこのほか、エアバスにA321ceoを4機、A321neoを26機、A380を3機、発注しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加