KDDI、新千歳空港などで仮想キャラクターによる案内サービスで実証実験 | FlyTeam ニュース

KDDI、新千歳空港などで仮想キャラクターによる案内サービスで実証実験

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

KDDIは2017年2月10日(金)から2月12日(日)まで、新千歳空港ターミナルビル4階で開催される「雪ミクスカイタウン」と札幌市で開催の「サッポロファクトリーアトリウム」で、空間認識技術を活用した仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を世界で初めて実施します。

これは、3DカメラによるAR体験を実現するGoogleの「Tango」テクノロジーを採用して行われる実験で、今回は北海道を応援するキャラクター「雪ミク」を起用して行われます。

「雪ミクスカイタウン」は、体験者がかざすスマートフォンのカメラに映っている展示の絵など、周囲の環境に「雪ミク」が反応し、あたかも「雪ミク」が現実に居るかのような体験ができ、「雪ミク」の姿を体験用スマートフォンで撮影し、写真をその場でダウンロードできます。

KDDIは、AR技術やVR技術を通じて、次世代のコミュニケーション手段を提案し、体験できるように実証実験や実用化の検討を進めています。

詳しくは、KDDIのウェブサイトを参照ください。

■au×SNOW MIKU2017 ミク☆さんぽ

期日: 2017/02/10 〜 2017/02/12
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加