エアセイシェル、2月下旬から日本乗入れ エティハド航空とコードシェア便

エアセイシェル、2月下旬から日本乗入れ エティハド航空とコードシェア便

ニュース画像 1枚目:エアセイシェルとエティハド航空
エアセイシェルとエティハド航空

エアセイシェルは2017年2月15日(水)、エティハド航空とのコードシェアを拡大、日本路線でも実施すると発表しました。

エティハド航空が運航する成田発着、北京経由の名古屋(セントレア)発着のアブダビ線に「HM」便名を付与します。エアセイシェルのコードシェア便は、2月27日(月)搭乗分以降が対象となります。

エアセイシェルは、セイシェル/アブダビ線でデイリー運航、エティハド航空とのコードシェア便を含め1日2往復便を運航しており、成田、セントレア発着でアブダビを経由し、セイシェルへアクセスが可能になります。エアセイシェルは、豊かな文化や歴史ある日本をネットワークに加えることができ、喜ばしいとコメントしています。

エティハド航空は現在、日本路線で日本食の機内食、日本語を話す客室乗務員を乗務させるなど、日本向けのサービスを展開しており、アブダビ以遠はセイシェルの気分を楽しめる機内になるとしています。

なお、エティハド航空は日本路線でエア・ベルリン、ニキ航空とコードシェアを実施しており、エアセイシェルは3社目となります。詳しいスケジュールはエアセイシェル、エティハド航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

メニューを開く