木更津航空祭、海ほたる上空飛行する体験搭乗などを実施へ 地上滑走も

木更津航空祭、海ほたる上空飛行する体験搭乗などを実施へ 地上滑走も

ニュース画像 1枚目:木更津駐屯地創立48周年記念行事・第44回木更津航空祭
木更津駐屯地創立48周年記念行事・第44回木更津航空祭

千葉県木更津市の陸上自衛隊木更津駐屯地で2017年2月25日(土)、「木更津駐屯地創立48周年記念行事・第44回木更津航空祭」が開催されます。同駐屯地は航空祭のスケジュールなど詳細を発表し、当日は8時30分開門、10時からセレモニーや編隊飛行が実施され、16時閉門となります。

2016年度の催しは、抽選で約600名を対象に大型輸送ヘリコプターのCH-47体験搭乗を実施し、海ほたるや東京湾アクアライン上空を飛行します。飛行時間はおよそ10分間です。抽選リストバンドは、8時30分からA格納庫、B格納庫の間で配布し、その場所は会場内の総合案内板で掲示します。

また、大型の輸送ヘリコプターCH-47の地上滑走試乗を行い、整理券で先着約1,000名を対象に実施します。整理券は、11時40分からL格納庫周辺で配布します。

このほか、航空機地上展示、ミニ服着用コーナーに加え、高校生以下を対象に缶バッチの景品をプレゼントするスタンプラリーなどが開催されます。

なお、木更津駐屯地では8時45分から「航空資料館開館セレモニー」を開催するほか、当日は航空工学講座も開催する予定です。

詳しくは、第1ヘリコプター団のホームページなどを参照ください。

※配信後、一部文言を修正しています。

期日: 2017/02/25
メニューを開く