エールフランス、世界最速「コンコルド」関連資料40点を展示 4月9日まで | FlyTeam ニュース

エールフランス、世界最速「コンコルド」関連資料40点を展示 4月9日まで

ニュース画像 1枚目:エールフランスのコンコルド
エールフランスのコンコルド

エールフランス航空は、所沢航空発祥記念館で開催されている特別展「日本-仏蘭西・百年飛行の旅」に協力、1976年から2003年まで運航した世界最速の旅客機、「コンコルド」の関連資料、約40点を展示しています。世界最速の旅客機「コンコルド」は高度18,000メートルを音速の2倍、時速2,200キロメートルのマッハ2.02の超音速飛行で、1976年から2003年まで運航していました。

「コンコルド」は、空気抵抗を最小限に抑えるための鋭くとがった機首、音速を超える飛行を可能にするデルタ翼、細身のボディで正面、側面、平面と様々な角度から見ても美しい独特なデザインが多くの人の心を捉えた機体でした。そのため、愛称は「怪鳥」、あるいは「美しい貴婦人」などと称されました。

機内は、ファーストのみの92席で、通路を挟み両側に2席ずつ配置され、1976年の就航時は機内のインテリアデザインはインダストリアルデザイナーのさきがけと言われるレイモンド・ローウィ氏が手がけました。また、2000年に女性デザイナーのアンドレ・プットマン氏が手がけた全面的な機内リニューアルが施され、柔らかなベージュとグレー、幾何学模様のカーペットなどで洗練されたエレガントなインテリアが採用されています。

日本には1972年、羽田へのデモンストレーションフライトを含め5回飛来しており、このうち1979年、1986年、1989年の3回はフランス大統領専用機として、1990年は長崎旅博覧会、1994年には関西国際空港の開港を記念して特別チャーター機が日本の旅行会社の手配で運航されています。

客室乗務員も男女76人が選抜され、その制服は「コンコルド」用に特別にデザインされており、初代はジャン・パトゥ氏、2000年には客室ニューアルにあわせてニナ・リッチ氏のデザインが採用されています。所沢航空発祥記念館での展示は、就航時の映像などを含む、日本初公開の資料が含まれています。展示は2017年4月9日(日)までとなっています。

■所沢航空発祥記念館の主な展示物
・コンコルド搭乗証明書
・コンコルドパンフレット・コンコルドメニューカード
・コンコルド乗客へのギフト
・コンコルド機内グッズ
・コンコルド就航時の映像
・オリンパス593のブレード(コンコルド1/100スケールモデルのエンジンに使用)
・コンコルド客室内のデッサン
・コンコルドの食器セット
・ニナ・リッチのユニフォームを着たお人形
期日: 2017/04/09まで
この記事に関連するニュース
メニューを開く