スターフライヤー、中期経営戦略2017年度版 新機材導入で持続的成長へ | FlyTeam ニュース

スターフライヤー、中期経営戦略2017年度版 新機材導入で持続的成長へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

スターフライヤーは2017年4月28日(金)、中期経営戦略「“らしさ”の追求2020」2016年度ローリング版を策定、発表しました。2015年5月に策定した中期経営戦略「“らしさ”の追求2020」で、各種取り組みの結果や新たな課題、外部環境や今後の見通しの変化などから、内容を修正、進化させたものです。

2017年度は持続的成長をめざすフェーズ2となります。2015年度、2016年度の成長への基盤づくりでは、計画を上回る業績を達成したとしているものの、競争激化が予想される中で、Phase2では「持続的成長」を遂げる具体的な施策を展開します。基本の安全、運航品質、顧客満足(CS)を高める努力に加え、運航阻害要因へのイレギュラー対応力は、体制、人財育成と改善に引き続き取り組みます。また、「らしさ」のでは原点と経営基盤が北九州にあることを踏まえ、地域プレゼンスの更なる向上、特に地域発展に貢献し、活発な情報発信など、地域に関心を持たれるような取組みを継続します。

こうした中で、現在のネットワークを事業の基軸とし、2018年冬スケジュールからの国際定期路線への再参入を目指すとしています。国際線の再参入に向けた人財の育成、体制の構築に着手します。 2017年度は、10機目を活かした現行5路線の就航率向上や日中、深夜を問わず臨時増便やチャーター便を運航し、収益拡大に取り組み、事業拡大のための経営基盤の強化を図ります。また、国内航空ネットワークの充実に資する国内ローカル定期路線の開設を検討し、2018年6月導入する「JA25MC」で2018年冬の国際線の再参入を果たします。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加