新たなキプロス・エアウェイズが運航開始、旧会社と同じIATAコードで運航 | FlyTeam ニュース

新たなキプロス・エアウェイズが運航開始、旧会社と同じIATAコードで運航

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:キプロス・エアウェイズが就航

キプロス・エアウェイズが就航

キプロスのラルナカを拠点とする新たなチャーリー・エアラインズは、2017年6月1日(木)に初便の運航を開始しました。同社は2015年1月に運航停止した「キプロス・エアウェイズ」と同じブランド名で運航、IATAコード、ICAOコードも「CY, CYP」と旧キプロス・エアウェイズと同じです。

新たなキプロス・エアウェイズは144席のA319を使用し、6月1日はサンクトペテルブルクに就航しました。同社はこのほか、テルアビブ線に就航、6月23日(金)からロードス島、6月24日(土)からイラクリオン線を開設する予定です。

同社は2018年3月末には路線拡大を予定しており、この時期までに同機種を追加するほか、2018年中にはさらに機材を増やす計画です。

期日: 2017/06/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加