JAL、9月1日から成田/メルボルン線に就航 「SS8」を投入 | FlyTeam ニュース

JAL、9月1日から成田/メルボルン線に就航 「SS8」を投入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

日本航空(JAL)は2017年9月1日(金)から、成田/メルボルン線に就航します。デイリー運航で、機材はビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの3クラス制の787-8、「SS8」を使用します。スケジュールは成田発JAL773便は10時30分、メルボルン着は21時55分、メルボルン発JAL774便は0時5分、成田着は9時5分です。

JALのオーストラリア路線はシドニー線を運航しており、オーストラリア第2の人口を擁し、成長著しいメルボルンへの就航で、日豪経済連携協定が発効し、日本企業も多数進出するメルボルンを加え、オセアニア地域のネットワークを強化します。

メルボルン線は、成田を午前発、メルボルンに夜着、折り返し便はメルボルンを夜発、成田に朝着としており、シドニー線の成田夜発、シドニー朝着、折り返し便はシドニー朝発、成田夕方着と異なるスケジュールとし、日本、オーストラリア発着での選択肢を増やします。

これにより、JALは自社便でシドニーへの既存路線に加え、新たにメルボルン線を加え、首都圏発の香港、シンガポール行き直行便とカンタス航空、キャセイパシフィック航空のオセアニア線のコードシェア便により、パース、ブリスベン、オークランド行きのネットワークを展開します。

期日: 2017/09/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加