富山県の山中でセスナ172が墜落、4人搭乗か | FlyTeam ニュース

富山県の山中でセスナ172が墜落、4人搭乗か

2017年6月3日(土)午後、富山県立山町の山中に小型機が墜落しました。18時現在、富山県警察などが安否確認などをすすめています。

共同通信やNHKなどの報道によると、墜落したのは、14時過ぎに富山空港から離陸し、松本空港へ向け飛行していた新中央航空のセスナ172とみられ、同機には4人が搭乗していました。6月3日(土)18時現在、1人が意識不明の状態と伝えられています。

なお新中央航空は、龍ヶ崎飛行場を定置場とするセスナ172P、機体番号(レジ)「JA3962」、「JA3988」、「JA3989」、「JA4184」の4機を所有、運航しています。

メニューを開く