アゼルバイジャン航空設立のLCCブタ・エアウェイズ、ロゴなど決定 | FlyTeam ニュース

アゼルバイジャン航空設立のLCCブタ・エアウェイズ、ロゴなど決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ブタ・エアラインズの機体デザイン

ブタ・エアラインズの機体デザイン

アゼルバイジャン航空は2017年6月2日(金)、設立した100%子会社の格安航空会社(LCC)のブタ・エアウェイズ(BUTA AIRWAYS)について、そのロゴ、機体デザインを承認、発表しました。

アゼルバイジャンをイメージする色彩を採用しており、ロゴは伝説や神話で伝えられている神秘的な鳥「シームルグ」を表しています。アゼルバイジャン航空にも採用されているブルーはエンジンカウルや胴体前方の下部、さらに赤は機体後部やウィングレットに使用されています。青、赤ともにアゼルバイジャンの国旗に使用されており、アゼルバイジャンの航空会社を表したデザインです。

ブタ・エアウェイズは、最新のエンブラエル機で構成する予定で、運賃やネットワークなどは最終の詰めが行われており、近く発表される予定です。あわせて、ウェブサイトの開設なども予定しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加