A36ボナンザ「JA3842」、福井・九頭竜川に不時着 搭乗者は全員無事 | FlyTeam ニュース

A36ボナンザ「JA3842」、福井・九頭竜川に不時着 搭乗者は全員無事

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

福井空港に向かっていたA36ボナンザの機体記号(レジ)「JA3842」が2017年10月15日(日)、同空港におよそ5分ほどの場所にある九頭竜川に不時着しました。当時、機体には4名が搭乗していましたが、全員が機外に逃れ、福井県防災航空ヘリコプターで救助、病院に搬送されました。4名にけがはないと伝えられています。

「JA3842」は、13時10分ごろに庄内空港を離陸し、新潟空港で給油し、福井空港に向かっていたもので、九頭竜川への不時着前にエンジントラブルを報告し、15時40分ごろに不時着しました。この機体は、1979年10月に日本籍の機体記号が登録されています。警察の捜査に加え、運輸安全委員会もこの事案について調査を行います。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加