オーストリア航空、エア・ベルリンのパイロットを救済 ウィーン勤務提案 | FlyTeam ニュース

オーストリア航空、エア・ベルリンのパイロットを救済 ウィーン勤務提案

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:運航を停止するエア・ベルリン

運航を停止するエア・ベルリン

オーストリア航空は2017年10月13日(金)、エア・ベルリンのパイロットを対象に約100名を採用すると発表しました。オーストリア航空は、ウィーンの同社ハブに拠点を移し、勤務することを提案しています。

この提案は、過去6カ月間にエア・ベルリンで雇用され、過去12カ月以内にライセンス再確認として、オペレータ熟練度チェック(OPC)、またはライセンス熟練度チェック(LPC)を受けたパイロットが対象です。飛行経験に応じ、オーストリア航空は年53,739ユーロから59,732ユーロの労働組合との賃金合意に従い、給与を提案しています。

また、月209ユーロから428ユーロのボーナス、ウィーンへ移転する15,000ユーロの一時金などが提案され、少なくとも3年間はオーストリア航空で就業する約束が条件となります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加