ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け | FlyTeam ニュース

ANA、11月の国際線貨物燃油サーチャージを値上げ 9月の原油市況受け

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

全日空(ANA)とANA Cargoは、2017年11月1日(水)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年10月末分までの徴収額から改定、引き上げると発表しました。9月1日(金)から9月30日(土)までの航空燃料市況の平均価格が1バレルあたり68.00米ドルとなり、8月の平均63.06米ドルから値上がりしたことを受けた改定です。

これにより、北米、ヨーロッパ、中東、オセアニア行きのなど長距離は3月末までの1キログラム43円から50円となるほか、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア行きなど遠距離アジアは40円から46円、韓国、台湾、中国、香港、フィリピンなど近距離アジアは35円から40円と値上げされます。詳しくは、ANA、またはANA Cargoのホームページを参照ください。

※当初配信の記事でタイトルに誤りがありました。訂正するとともにお読みいただいた読者、関係者の皆様にお詫びいたします。

期日: 2017/11/01 〜 2017/11/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加