エティハド・カーゴ、IBSの貨物管理ソリューション「iCargo」を導入 | FlyTeam ニュース

エティハド・カーゴ、IBSの貨物管理ソリューション「iCargo」を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

エティハド航空の貨物部門、エティハド・カーゴは2017年秋、数カ月にわたる厳しい選考プロセスを経て、IBS Software(IBS)の貨物管理ソリューション「iCargo」の実装で複数年契約を締結しました。

iCargoシステムは、エティハド航空の世界中の航空貨物の販売、運用を管理し、ネットワーク全体の予約、価格設定、容量管理機能を自動化するとともに、リアルタイムで収益管理が可能なほか、広範なネットワークで輸送される積荷のリアルタイムな出荷状況と品質管理も行うことができます。

同システムの導入により、顧客は完全に統合されたオンライン予約ポータルで24時間いつでも利用可能となり、顧客サービス提供が大幅に強化されます。またエティハド・カーゴはIBSと協力して、製品提供、ロイヤルティープログラム、インセンティブプログラムによる顧客サポート機能の開発にも取り組んでいるとしています。詳しくは、エティハド航空のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加