カタール航空、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ線に就航 週4便 | FlyTeam ニュース

カタール航空、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ線に就航 週4便

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:サラエボに就航したカタール航空のA320

サラエボに就航したカタール航空のA320

カタール航空は2017年10月31日(火)、ドーハ/サラエボ線に就航しました。運航は火、水、金、日の週4便で、機材はビジネス12席、エコノミー132席のA320を使用しています。ドーハ発の初便は、サラエボ国際空港でウォーターキャノンによる歓迎を受けました。

スケジュールは、火、水、金のドーハ発QR293便は7時、サラエボ着11時、サラエボ発QR294便が12時、ドーハ着19時20分です。日曜は、ドーハ発QR293便が6時25分、サラエボ着10時25分、サラエボ発QR294便が11時25分、ドーハ着18時45分で運航されます。

サラエボ国際空港は、カタール航空が観光でもビジネスでも見込みのある都市として認識してくれたことは嬉しいとし、サラエボ発でドーハを経由し、カタール航空のネットワークで世界のほぼすべての都市に接続できるようになったことは素晴らしいとコメントしています。

カタール航空は2017年に、スコピエ、プラハ、キエフ線に就航し、東欧での存在感を強化しています。詳しいスケジュールは、カタール航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2017/10/31から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加