シンガポール航空とシルクエア、2018年1月20日から新運賃種別導入 | FlyTeam ニュース

シンガポール航空とシルクエア、2018年1月20日から新運賃種別導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

シンガポール航空とシルクエアは2018年1月20日(土)から、各クラスで最大3種の新運賃種別を導入します。これに伴い、事前座席指定やマイレージプログラムのマイル積算率、受託手荷物許容量、変更・払戻しの規約が改定されます。

エコノミークラスでは、「フレックス」「スタンダード」「ライト」の種別が導入され、受託手荷物許容量は、最上位の「フレックス」運賃種別では35キログラム、「ライト」と「スタンダード」では、従来と同じの30キログラムとなります。また、「ライト」では事前座席指定は有料となり、「スタンダード」では前方エリアの座席は有料になるなどの変更があります。

プレミアムエコノミークラスでは、「フレックス」と「スタンダード」の種別が導入され、いずれも受託手荷物許容量は従来と同じ35キログラム、マイル積算率は、「フレックス」では125%、「スタンダード」では100%となります。事前座席指定は無料ですが、エクストラレッグルーム・シートはPPSクラブ会員以外は有料です。

ビジネスクラスでは、「フレックス」、「スタンダード」、「ライト」の種別が導入され、いずれも受託手荷物許容量は従来と同じ40キログラム、事前座席指定は無料です。マイル積算率は「フレックス」では150%、「スタンダード」と「ライト」では125%となります。

スイートとファーストクラスでは、「クリスフライヤー」マイル積算率が150%から200%になり、そのほかの特典やサービスに変更はありません。このほか、クリスフライヤー・エリートとPPSクラブ会員限定特典に関しても変更があります。詳しくは、シンガポール航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/01/20から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加