デルタ航空、FlightStatsの2017年調査で定時運航率1位を獲得 | FlyTeam ニュース

デルタ航空、FlightStatsの2017年調査で定時運航率1位を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:デルタ航空 757 イメージ

デルタ航空 757 イメージ

デルタ航空は2018年1月9日(火)、アメリカFlightStatsの2017年調査で定時運航率1位を獲得しました。この調査は毎年開催され、今回で9回目となりますが、大手国際航空会社部門でアメリカを拠点とする航空会社が1位を獲得するのは初めてとなります。

デルタ航空の2017年の主要幹線での定時発着率は85.9%で、85%以上のフライトが定刻から14分以内に到着しています。大手国際航空会社部門のカテゴリーに加え、北米部門でもリージョナル路線のデルタ・コネクションを含むデルタ航空は定時発着率84.06%で1位となっています。

デルタ航空はデルタ・コネクションを含め、1日約5,000便を運航し、年間1億8,000人以上を輸送しています。2017年は、アメリカ、カリブ海における一連のハリケーンや、12月のアトランタでの吹雪ががあったにも関わらず、メインラインでは242日間フライトキャンセルがないなど、2017年に素晴らしい運航パフォーマンスを達成しています。詳しくは、デルタ航空のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加