政府専用機、定期整備後に羽田から新千歳へ移動中に機体一部部位が脱落 | FlyTeam ニュース

政府専用機、定期整備後に羽田から新千歳へ移動中に機体一部部位が脱落

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:政府専用機 イメージ

政府専用機 イメージ

航空自衛隊の特別航空輸送隊が運航する747-400の政府専用機が2018年1月11日(木)、新千歳空港に到着後に部品の落下を確認したと発表しました。この747は、定期整備後の機体移動のため、1月11日正午ごろに羽田空港を離陸し、13時10分ごろに新千歳空港へ着陸した後、右主翼とエンジンを結合する部位のパネルが1枚脱落、紛失していることが判明したものです。

紛失した部品は、右主翼とエンジンを結合する部位のパネル1枚で、楕円、白色の金属製で、大きさは縦横38センチと20センチ、厚さがおよそ2ミリ、重さは約500グラムです。航空自衛隊は、脱落の原因について、確認中としています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加