ペガサス・エアラインズ、1月13日にトラブゾン空港到着時に滑走路逸脱 | FlyTeam ニュース

ペガサス・エアラインズ、1月13日にトラブゾン空港到着時に滑走路逸脱

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

トルコの格安航空会社のペガサス・エアラインズは、2018年1月13日(土)にPC8622便のトラブゾン到着時に滑走路を逸脱する事故が発生しました。アンカラ発トラブゾン着のPC8622便は、機体記号(レジ)「TC-CPF」の737-800で運航するトルコ国内線で、トラブゾン空港には23時25分に着陸しました。

滑走路11に着陸した「TC-CPF」は、着陸時に走行後、滑走路29側の手前で左側に逸脱、海側の斜面を下った場所で止まりました。着陸当時、トラブゾン空港の気象は22時ごろに降雨が記録されていました。

PC8622便の搭乗者は、運航乗務員2名、客室乗務員4名、乗客162名、計168名でした。この乗員、乗客は全員、無事に脱出しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加