ボーイング、民間機製造数は6年連続過去最高 2017年の納入機数は763機 | FlyTeam ニュース

ボーイング、民間機製造数は6年連続過去最高 2017年の納入機数は763機

ニュース画像 1枚目:2017年は737-9-MAXも初飛行
2017年は737-9-MAXも初飛行

ボーイングは2018年1月9日(火)、2017年の民間航空機は763機を納入したと発表しました。ナロウボディの737とワイドボディの787で生産を強化し、納入機数はエアバスを上回り、航空機製造の記録は6年連続でトップとなりました。純受注は、ナロウボディとワイドボディともに堅調で912機を獲得、カタログ価格は1,348億ドルです。

737プログラムは月産47機に引き上げ、737 MAXの納入を開始しています。このうち、737 MAXは74機、他の派生機を含めると529機を納入しています。787ドリームライナープログラムは、ワイドボディ機で最高の月産を継続しており、136機を納入しています。

2017年の純受注912機は、世界71社からの発注で、累計の受注残は、過去最高の5,864機に拡大しました。これは、およそ7年分の生産機数に相当します。ボーイングは、今後数年にわたり、月産レートを引き上げる計画で、堅調な需要に応える方針です。

メニューを開く