ボーイング、787-10の型式設計変更が承認 シンガポール航空に納入へ | FlyTeam ニュース

ボーイング、787-10の型式設計変更が承認 シンガポール航空に納入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ボーイング 787-10

ボーイング 787-10

ボーイングは2018年1月22日(月)、アメリカ連邦航空局(FAA)から787-10ドリームライナーの型式設計変更(ATC)の承認を受けたと発表、商用運航が認証されました。ボーイングは2017年3月、787-10の飛行試験プログラムを開始し、3機体制の飛行テストはおよそ900飛行時間を記録しています。

飛行試験では、787-10の操作やシステム、パフォーマンス全般について、航行の安全確保に求められる内部要件、認証基準を満たしたことが確認されています。今後はFAAの承認に続き、他の航空規制当局からの型式証明取得が見込まれており、これらの手続きを経た上で、商用運航を開始します。

787-10は787-9の胴体を延長した787シリーズの派生機で、95%以上の共通性を保ち、座席数と貨物積載量が増加します。1席あたりの燃料効率性とCO2排出量は、代替機と比べ25%の改善がはかられています。標準的な2クラス構成の座席数は330席で、航続距離は11,910キロメートルです。

ボーイングは、2018年前半にシンガポール航空へ1機目を納入する予定で、全日空(ANA)にもこの派生系が納入される予定です。現在、787-10は9社から170機以上を受注しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加